おやこヨガについて

おやこヨガは大人のヨガとは違います!

大人のヨガは静かに内面と向き合うことが多いですが、

おやこヨガは親子のスキンシップコミュニケーションを目的としています。

手をつないだり競争したりするポーズが中心となります。

0~3・4歳までの、脳が最も発達する時期にあらゆる刺激を与え

体を動かすことが大切といわれています。

育児で大切な『目をかけ・手をかけ・声をかけ』が自然に出来るのが

おやこヨガの特徴です。 

 

☆子供に愛されている体感を与えます☆  

親子のスキンシップは、子供に親から愛されている体感を与えます。

これにより子供が社会の中でしなやかに生きていく心と体の基本を作ります。

 

 

☆0歳からの脳(心と体)を育みます☆  

スキンシップによる脳への刺激は、子供の基礎部分を発達させます。

可能性を全身に秘めた子供に、必要な運動能力・集中力・想像力などをつけていきます。

 

 

☆親が子供を意識する時間を作ります☆  

親が意識して時間を作ることによって、子供への愛情と関心を伝えることが出来ます。

親の育児への自信とゆとりを作ります。

 

 

☆親同士のつながりを作ります☆  

親子のコミュニケーションだけでなく、親同士のつながりを作り、社会の中でお互いを尊重しあえる関係作りをサポートします。